> (江戸切子について)

伝統工芸 江戸切子について

江戸切子とは

江戸切子制作 回転道具
回転道具

 1834年(天保5年)江戸大伝馬町のびーどろ屋、加賀屋久兵衛が、金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻をしたのが「江戸切子」のはじまりと伝えられています。

 1873年(明治6年)に品川興業社硝子製造所が開設され、1881年(明治14年)に切子の指導者として英国人のエマニエル・ホープトマン氏を招き、数名の日本人が指導を受け、現代に伝わる江戸切子の技法が確立されました。

 「江戸切子」は、1985年(昭和60年)に、東京都の伝統工芸品産業として、また、2002年(平成14年)に、経済産業大臣より日本の伝統的工芸品として指定されております。


江戸切子の定義

 江戸切子は、江戸切子協同組合の登録商標です。

 江戸切子協同組合に所属する組合員が、下記の条件にて製作した切子製品が江戸切子です。

 

1.ガラスである

2.手作業

3.主に回転道具を使用する

4.指定された区域(*江東区を中心とした関東一円)で生産されている

  *区域の指定は、江戸切子協同組合に帰属します。

 

江戸切子の代表的文様

菊花文

きっかもん

笹の葉文

ささのはもん

芯有り蜘蛛の巣文

しんありくものすもん


菊籠目文

きくかごめもん

菊繋ぎ文

きくつなぎもん

魚子文

ななこもん


八角籠目文

はっかくかごめもん

麻の葉文

あさのはもん

 麻の葉は成長が早くまっすぐに育つことから、子供の健やかな成長を願い、産着にも広く用いられてきた柄です。

芯無し蜘蛛の巣文

しんなしくものすもん


矢来文

やらいもん

 円(輪)は和につながるもので、人と人との和の大切さ、調和の意味合いを持つ柄です。

七宝文

しっぽうもん

六角籠目文

ろっかくかごめもん


江戸切子の製作工程

~江戸切子の作り方(江戸切子の出来上がるまで)~

工程1:割り出し

江戸切子の製作工程1:割り出し

カットの目安となる縦横の印をつけます。

工程2:粗ずり

江戸切子の製作工程2:粗ずり

回転道具(ダイヤモンドホイール:比較的粗目の番手)を用いて、割り出し線を目安に、大まかにカットしていきます。


工程3:三番掛け

江戸切子の製作工程3:三番掛け

回転道具(ダイヤモンドホイール:粗ずりより細かな番手)を用いて、粗ずりに沿ってカット面をより細かく彫りこんでいきます。

工程4:石掛け

江戸切子の製作工程4:石掛け

回転道具(人工砥石や天然石)を用いて、カット面をさらに細かく滑らかに仕上げます。


工程5:磨き

江戸切子の製作工程5:磨き

回転道具(木盤・樹脂製パット・ゴム盤等)を用いて、水分を含ませた磨き粉を適量つけて、カット面を磨きます。さらに、布製のバフ盤を用いて全体を仕上げます。(薬品を用いて光沢を出す方法もあります。)


江戸切子のお手入れやご使用について

・硝子は破損しやすいので、お取扱には十分ご注意ください。

・急激な温度差や衝撃を伴うご使用はお控えください。

・カット面の汚れは束子や歯ブラシなど硝子より柔らかい素材で丁寧に手洗いすると落ちやすいです。

・電子レンジ、食器洗浄機、食器乾燥機、直火のご使用はできません。