日常生活に溶け込む職人の技

伝統技法で生み出される巧みの技、
美しさに心奪われる瞬間。

NEWS

History

江戸切子の歴史

 1834年(天保5年)江戸大伝馬町のびーどろ屋、加賀屋久兵衛が、金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻をしたのが「江戸切子」のはじまりと伝えられています。

 1873年(明治6年)に品川興業社硝子製造所が開設され、1881年(明治14年)に切子の指導者として英国人のエマニエル・ホープトマン氏を招き、数名の日本人が指導を受け、現代に伝わる江戸切子の技法が確立されました。

 「江戸切子」は、1985年(昭和60年)に、東京都の伝統工芸品産業として、また、2002年(平成14年)に、経済産業大臣より日本の伝統的工芸品として指定されております。

江戸切子の定義

 江戸切子は、江戸切子協同組合の登録商標です。江戸切子協同組合に所属する組合員が、下記の条件にて製作した切子製品が江戸切子です。

  1. ガラスである
  2. 手作業
  3. 主に回転道具を使用する
  4. 指定された区域(*江東区を中心とした関東一円)で生産されている

  *区域の指定は、江戸切子協同組合に帰属します。

江戸切子の代表的文様

八角籠目

Hakkaku
Kagome

麻の葉

Asanoha

菊籠目

Kiku
Kagome

江戸切子の製作工程

Master

切子職人

 江戸切子は、昭和60年に東京都伝統工芸品に指定、また平成14 年には国が指定する伝統的工芸品に指定されました。特に高度な卓越した伝統的技術・技法を有する者には「東京都の伝統工芸士」「日本の伝統工芸士」の認定が与えられます。大場硝子加工所には「日本の伝統工芸士」に認定された大場和十志が江戸切子職人として日々技を磨いています。

Products

商品一覧

Works

作品一覧

「日本の伝統工芸士」大場和十志が作り上げた江戸切子の世界卓越した職人技で光り輝く「ガラス」の世界をご覧ください。

Custom Order

オーダーメイド

オーダーメイド品は、お客様と打ち合わせを重ねた上で、一つ一つ製作をいたします。
可能なかぎりご要望に添い、お客様オリジナル作品を手掛けます。

totop